ピンアイコン
無料
FUNDULE

楽しい毎日がみつかるアプリ

大分県を代表する磨崖仏 -FUNDULE-
アイコン アイコン枠
FUNDULE編集部
FUN

大分県を代表する磨崖仏

上野丘台地東端の凝灰岩の崖に刻まれた石仏で、石薬師とも呼ばれています。昭和9年に国指定史跡となり、県南の臼杵石仏と並ぶ大分県を代表する磨崖仏です。伝説によれば敏達(びだつ)天皇の時代に百済から来朝した日羅の作と伝えられていますが、具体的な史実を背景にしたものではなく、初期仏教集団の地域的活動によるものと思われます。木造瓦葺の覆堂の中、露出した溶結凝灰岩の岩肌に薬師如来像を中央に、左に多聞天立像(たもんてんりつぞう)をはさんで、その妻子とされる善膩師童子(ぜんにしどうじ)と吉祥天像が左右に、右に不動明王をはさんで左右に矜羯羅(こんがら)、制口迦(せいたか)の二童子が刻まれています。薬師如来坐像は、近年の研究によれば、11世紀後半の造像で、この頃元町付近は「勝津留畠(がちがづるはた)」と呼ばれ、宇佐神宮領に組み込まれており、同宮の強大な後ろ立てによる造立と考えられています。なお、堂外の向かって右側には、ほとんど摩滅風化した三尊形式の像が二組残されています。

1424676993


素敵な投稿にはFUNしよう!
アプリで開けばコメントを追加したり、
投稿者をフォローすることができます。